食材や調理の仕方、歴史についてなどなど、フランス料理を日々勉強しています★by penelope★


by lovely-recipe

タグ:プロヴァンス ( 2 ) タグの人気記事

タルト・プロヴァンサル

a0153103_10441940.jpg


私が一番好きな料理はタルトです♪

オリーブオイルでソテーした野菜を入れてお惣菜にしてもよし。

クリームと果物でお菓子にしてもよし。

ふちのひらひらが可愛いし、生地はサクサクしてるし、大好きです^^


このタルトは、生地はドライイーストを入れて発酵生地にして、

ガルニチュール(中身)にはオリーブオイルでソテーした玉ねぎ、ズッキーニ、パプリカが

入っています。

ズッキーニやパプリカはさっと火を通す程度ですが、玉ねぎはうまみを引き出すために

じっくりと火を通します。


牛乳で少し割った生クリームとトマトペーストをアパレイユ(タネ)にして、

そこにパルメザンをどっさり。

この玉ねぎのうまみと、パルメザンチーズで美味しさがぐーんと変わります。

パルメザンは惜しみなく!



このタルトをはじめて習ったときには、とにかく目立った調味料がないことに

驚きました。

なのに、どっしりと食べ応えがあり、しっかりとした味があるんです。

味つけというと、ついつい調味料を次々と入れていくイメージを持ってしまうのですが、

野菜の美味しさ、チーズの美味しさ、そして生クリームの美味しさ・・などなど、

素材の組み合わせだけで十分奥行きのある味ができるんだな~と思わされる一品です。


* * *

★パプリカがあまったらこちらもどうぞ^^→パプリカのコンフィチュール

★タルトの生地と種類についてはこちらへどうぞ^^→タルトのあれこれ
[PR]
by lovely-recipe | 2010-02-09 11:00 | 試作・レシピ・作ったもの

憧れのプロヴァンス

お正月の早朝に初日の出を観に行った私は、帰ってから
半日寝て起きると・・
「いま、いつ・・??朝?昼?」とさっかくを起こす。

パートナーは2日からお仕事。penelopeはひとりでお留守番です。

お正月のテレビも見飽きてしまった私は、プロヴァンスの本をふむふむと読み出しました。

フランス料理には「プロヴァンス風」と名前がつくものがいくつかあるけれど、
それはおおまかにいうと、にんにくやオリーブオイル、ハーブを使ったもの。

生クリームやバターを使用する割合は少なく、地中海に面した
豊かな自然の食材を味わう料理である。

プロヴァンスといえば、
アロマの原料となるハーブの数々(ラベンダーとかローズマリーなど)、
明るい日差し、セミの置物やセミの模様が入ったスレイヤード・・
まぶしい自然に囲まれている、というイメージ。

フランスの地方料理の中で、一番勉強しに行きたい場所です。

野菜の豊富なプロヴァンスは、果物だけでなく、野菜を使ったコンフィチュール
(confiture=ジャム)もたくさんあるそうです。

そこで・・
たまたま黄色いパプリカが家にあったので、パプリカのコンフィチュールに挑戦。

一晩置かなければならないので、今日が仕込みで、調理は明日。
種をとって1cm角に切ったパプリカに、大さじ1と1/2のお砂糖をまぶします。
(詳しいレシピはこちら→パプリカのコンフィチュール

以前トマトとブルーベリーなら作ったことがありますが、
パプリカは初めてです。

さて、どんな味になるでしょうか・・。


切ってジップロックに入れたところ。 
a0153103_17395463.jpg
[PR]
by lovely-recipe | 2010-01-02 23:36 | 食材あれこれ