食材や調理の仕方、歴史についてなどなど、フランス料理を日々勉強しています★by penelope★


by lovely-recipe

カテゴリ:penelopeのこと( 11 )

「春のネット乗り換えキャンペーン」で、「ネットの乗り換えもお得で、スムーズに♪」

の宣伝文句にまんまと騙され(?)

電話線から変更することに(!)

ネットがしならくつながらなくなっちゃいます・・。

C’est la fin des haricots!!

万事休す!!!・・・を、フランス語では、C’est la fin des haricots. という。

haricot は「さやいんげん」、la fin は「終わり」。

なぜか、「さやインゲンの終わりだ!!」と表現する。

とっても不思議だ・・。


その間、地道におフランス探求を続けます・・。
[PR]
by lovely-recipe | 2010-03-07 17:42 | penelopeのこと
昨日はバレンタインでしたね。

日曜日と言うこともあって、いつもよりたくさんの人が手作りしたのではないかと思います^^

が・・私はまたまた風邪っぴきさんに・・・。

手作り計画は先延ばしになってしまいました。

あらら・・こんな年もある・・ということで。


パートナーはショートケーキが好きなので、イチゴとチョコレートクリームを使った

ロールケーキかシュークリームか、エクレアに・・と考えながら風邪が長引き・・。


本人はそんなの気にしないでいいよ~と言ってくれましたが、

遅ればせながらのバレンタイン、これから作ります・・。
[PR]
by lovely-recipe | 2010-02-15 14:45 | penelopeのこと

パリのブーランジェリー

最近寒いですね~。東京も冷たい雨が降ったり、耳が凍りそうな風邪が吹いたり。

昨日、おとといとばっちり風邪を引いてしまいました。

みなさんもお気をつけくださいね^^

先日、パリでパン屋さんを経営している日本人の方からお話を聞く機会がありました。

フランスの食卓になくてはならないパン、そして愛され続けるフランスパンや酵母のお話。

パン作りは重労働。美味しいパンには職人さんの情熱と努力が惜しみなく込められている

んだな~と感じるお話でした。

これまで、美味しいパンを気が向いたときだけに買っていた私。

でも、今回のお話を聞いて、もっとパンのことや、パンと料理のかかわりを知りたくなりました。


そんなわけで・・やっぱり実際に食べなくちゃ♪とさっそく買いに行く私なのでした・・。
[PR]
by lovely-recipe | 2010-02-12 14:00 | penelopeのこと

DEAN&DELUCAのお菓子

食べちゃうのがもったいないくらいかわいいです。

1 ひよこクッキー

a0153103_22375653.jpg


アイシングがとっても丁寧で、まるでおもちゃみたいなクッキー。

ちょっとへりが盛り上がってる感じがほっこりしてます。

2 きのこチョコ

「レモンのちから」の記事で、うさぎの横に写っていたきのこチョコレート。

とっても凝っていて、ひっくり返すと・・

a0153103_22401132.jpg


底にちゃんと草が生えています(笑。

3 可愛いオリーブオイル

a0153103_22404734.jpg


こんな大きさです。

a0153103_2241143.jpg



可愛い食べ物って見てるとシアワセになっちゃいます♪

でもきっといつかおなかに収まる日が・・(笑)

いつ食べようかな~と、それを考えるのもワクワクしたりして。
[PR]
by lovely-recipe | 2010-02-08 22:43 | penelopeのこと

ひとだんらく。&感謝。

今日から2月です。

ところで、昨日で、1月が終わりました。

このブログでも少しお伝えしてありましたが、このブログは「コルドン・ブルー」

で開催されている「ジュリー&ジュリア 公開記念ブログコンテスト」への応募をきっかけに

立ち上げたブログです。

昨年の12月17日に始めてブログを登録し、それからこつこつ、自分の試行錯誤やフランス料理の

小話を載せてきました。

応募の締め切りは1月31日で・・つまり、昨日で終わり。

泣いてもわらっても、あとは結果を待つだけです。

コルドン・ブルーの「ブログコンテスト」とはどういうものかというと、

個性的で面白いブログ・・として優勝した人が、「レポーター」となり、

3ヶ月間コルドン・ブルーの授業を無償で受けながら今度はその様子をブログに

するというもの。

私はブログを始めて期間が短く、またブログに慣れていない分、この1っ花月間記事を

アップしながらもとても落ち着かなく、漠然と不安な気持ちにもなりました。


でも、コメントをいただいたり、中にはこのブログのレシピを参考にお料理してくれた方や、

このブログをリンクしていただいた方がいて、そのコメントを見た瞬間の喜びはとても大きいものでした。


ブログでご縁をいただいたみなさん、こらからもよろしくお願いします・・!


コンテストで選ばれるのは代官山校1名、神戸校各1名すつという狭き門。

もう泣いても笑っても、結果を待つだけです。


もし選ばれたら~とか、やっぱりダメかも~とつい妄想したくなりますが、

それでも大事なのはやっぱり学び続けること。

「ブログコンテスト」はブログをはじめる大きなきっかけでしたが、料理の勉強に終わりは

ありません><

(妄想に時間を使うよりまず行動・・と思い直す私・・)



今日から2月。これまでの1ヶ月を振り返って、また今月の目標をちょこっと立てようと思います★

私は「夢かな手帳」を長らく愛用していて、年間の目標や夢をざっくりと決めて、1ヵ月ごとに見直したり、

3ヶ月ことに年間目標を見直したりしています。

これが、結構楽しいのです。

漠然とした夢も、時間や区切りを与えてあげると「予定」になり、「予定」を実行すれば・・夢を実行

することになる・・という聞けばなっとくのカラクリ!

これ、かなり効きます!

a0153103_16535576.jpg



よく、「気分で仕事をするな」と言いますが、実は自分の気分を自覚したり、コントロールすることは

すごく大事です。

大変なことでも、楽しい、がんばった、という充実感があればあっという間に時間が過ぎていくけれど、

簡単なことでも、退屈、無意味、という気分でやれば、漠然と時間に埋もれたように感じる。


もちろん、退屈で地道な作業をこなさなくてはならないこともあるけれど、その間に自分の時間を

見失うのはもったいないこと。


単調でつらい毎日であっても、それが大きな目標に確実につながる時間であると自覚できれば、

地道な時間も着実にこなしていける・・と文字で書くと簡単ですが^^どうしても忘れがちなこと。


「ゆめかな手帳」には月初めに作者、藤沢優月さんのコラムが載っていて、そこでこんな心理と時間の

関係についていろいろとためになることが書かれています。

毎月、月の変わり目にこのコラムを読むのが大好きです★


コルドン・ブルーの発表がどうしても気になってしまいますが・・(笑)

今日は時間を割いて、自分の目標を見直します^^
[PR]
by lovely-recipe | 2010-02-01 17:25 | penelopeのこと

カタチのある夢

本日は道具類と本一冊を調達。

シリコン製のスパチュラとスプーン、モールド、セルクル、シフォン型。
タルト型にタルトストーン。

最新地図付き、フランスのガイドブック。

道具類は、今すぐ使えるものもあれば、これから「使いたい」(作りたい)と
思っているもの。

たとえば、スパシュラやスプーンは今晩のお料理から使えるけれど、
シフォン型は、これからレシピを探したり、試作から始めるもの。

そして、フランスのガイドブックも。これから「行きたい」ところ。

夢を予定にすれば、現実になる、という言葉は、
聞けば当たり前だけど、なぜか毎日の中で忘れがちになってしまう言葉。

忘れないように、見失わないように、「カタチ」のあるものも、毎日少しずつ
集めてみる。

a0153103_22114650.jpg

[PR]
by lovely-recipe | 2010-01-12 22:08 | penelopeのこと

2010年の初日の出

明けましておめでとうございます!

a0153103_1637524.jpg


新しい年を迎えて4時間後、午前4時に起床。

お茶とはちみつレモンと作って水筒に入れ、眠気覚ましのお菓子を買って、まだ
夜の色をした空のもと、羽田空港の対岸に向かいます。

予定より30分ほど早くつきましたが、道路には車がびっしり並んでいて、
中で休んでいる人や、少しずつ明るくなる川沿いをお散歩する人たちが見えました。

日の出時刻は5時50分。
刻々と明るくなる空の向こうから、顔を出したお日様。

今年一年よい一年でありますように。
よい一年にできるよう、努力できますように。

そのほか、金運、健康運、恋愛運、てんこもりでお願いしつくす。
顔を出したお日様もびっくりしたかも・・。

空港からは頻繁に飛行機が飛び立って、ジェット音を響かせて太陽の上を
横切って行きました。

飛行機の上から初日の出を見た人もいたことでしょう。

去年、12月の半ばから始めたこのブログ、コンテストはあと1ヶ月で締め切られます。
憧れのコルドン・ブルーで学んだ後、フランスに行きたいな、行けるかな。

・・とぼそっと口にしたら、
「その前にパスポート更新したの?・・」と突っ込まれるpenelopeでした。
[PR]
by lovely-recipe | 2010-01-01 15:12 | penelopeのこと

フランス料理の本探し

「ジュリーアンドジュリア」のジュリーが実際に持っていた
ジュリアの本「王道のフランス料理」
(原題「Mastering the Art of French Cooking」)
をamazonで探してみると、きちんとありました。

映画の中のジュリアのセリフ通り、第2巻もありました。
実話をもとにした物語とはいえ、こうして探した本と実際にめぐり合えるのは
少し不思議な気分です。

「王道のフランス料理」は、amazonで一部を閲覧できます。
中身はすべて英語で書かれていますが、
目次からかなりのボリューム!

百科事典のよう、と一度は却下された原稿。きっとこれは削ったり編集した後の
内容だと思いますが・・
調理道具類から、切り方、軽量の仕方、温度について、
そしてスープ、ソースへと続いていきます。
ときおりイラストで図解しながら、料理を作る前に、基本となるものを細かく説明しています。

明るく、おおらかな人物像からは想像できないような緻密な内容。

フランス料理を作りたい、料理が上手になりたい、と情熱を燃やしていたジュリアは、
ただやみくもにかんばっていたのではなく、
基本的なことをおろそかにせず、しっかりと学んでいたことが伺われます。

料理に限らず、基本的なことは一番大切。

「ジュリーアンドジュリア」を見てから、私も「この本!」だという本を見つけたくなって、
本屋に足を運びました。

調理だけの本、レシピのみの本、日本の食材にほとんど置き換えたフレンチの本・・
などなど、数十冊の本を眺めて、あっという間に1時間半が経過。

フランス料理の基本も知りたい。
レシピも知りたい。
でも、そもそもフランスのことが分からないと、頭に入らない・・

・・と、頭の中をぐるぐるめぐった挙句、3冊に決定。

a0153103_21281270.jpg


・川上文代 著「イチバンやさしいフランス料理」
・大森由紀子 著「フランスふだんのおそうざい」
・菊間潤吾 著「フランスの美しき村」

このブログの締め切り期限である2010年1月31日までに、これらの本を参考にしながら、
1品でも多くフランス料理を作ってブログに乗せ、
またフランスの地方についての情報などをまとめます!

・・今日はこれから勉強の時間です・・。


※ブログに掲載しているお料理について、
<材料><作り方>が明記してあるものは、私自身が試作を繰り返して作ったレシピです

[PR]
by lovely-recipe | 2009-12-26 15:17 | penelopeのこと

イラストに挑戦する

ブログに初挑戦、ついでに。

イラストに挑戦したい・・!のです。

よく、イラスト入りのブログを見かけます。
(漫画家さんか、イラストレーターさんか、趣味の人か)

イラストがあると、
図解もできるし、色もカラフルだし、眼で見て楽しめる。

そんなわけで・・・

イラスト入りのブログを作るにはどうしたらいいのか、かれこれ検索してメモしつつ、
2時間ほど経過・・。

いろいろなやり方があるようですが、
初心者の私には

紙に下絵を描いて、スキャニングする

という方法が一番やりやすいようです。

とりあえず、描いてみた下絵の数々・・。
水性のボールペンでそのまま描いているので、失敗した線は修正ペンで直し、
もうどうしようもなくなったところははさみで切り離して、
紙をつぎ足して描きました。

あぁ・・
つぎはぎが見えます・・

a0153103_0176100.jpg


着色は、色鉛筆や絵の具で塗りそれをカラーでスキャンする、という方法も
あったのですが、私はあの・・・
イラストレーターさんがやっているような着色をしてみたいのです。

そこで調べてみたところ、
そのような着色をできるソフトウェアは高額ということを知りました。

がっかり・・していたところに・・あぁ・・ありました・・
「検索結果」に無料ソフトが検出!!

その名はpixia。(ピクシア)
ざっとみたところ、このソフトで十分着色できるようでした。

さっそく、「着色」作業に入りたい・・です。

「使い方」「解説」のページを読むだけで、またさくさく時間が過ぎて行きそうです・・。
[PR]
by lovely-recipe | 2009-12-18 13:02 | penelopeのこと
penelopeは、
ブログを作ったことがありません。

だから、毎日作るにはどうしたらいいのか、
なにをしたらいいのか・・と考えています。

私はこのブログを作った理由は・・コルドンブルーの
「ブログで人生を変える!」というコンテストにエントリーするため。

このコンテストで優勝すると、3ヶ月間、コルドンブルーに通うことができるのです。

でも、
私がこのコンテストの存在に気がついたのは、つい昨日のこと・・。
夕方、コルドンブルーから届いた封書で、ようやく知ったのです。

世の中には面白いブログをもう何年も前から作っている人や、
ブログを作ることに慣れている人もいることを考えると、
自信がなくなって、手が止まってしまいます。

エントリーの締め切りは、来年1月の31日。
私には、時間がありません。

自分にはなにができるだろう。
自分は何をしたらいいのだろう・・
と考えた結果。

私は、このブログを「日記」的なものではなく、
1月31日という期限に向かって、この間に

何を目標にし、どれだけ達成し、何を学んだのか・・・

という「記録」にしたいと思います。

その「記録」を、楽しく、面白く見てもらえるようにしたい。
それが、このブログのひとつの目標です。

ブログは読み流すのが基本かもしれません。
でも、ちょっとだけ、読む人のお役に立てたら嬉しい。
そんな気持ちです。

----------------

「フランス料理に恋して」で
書く内容をあれこれと考えて、以下の4つに分類。

1 お料理体験記:実際に作ってみたもののレシピや、作ってみた感想

2 お料理の歴史:食文化の歴史やエピソード、お料理の背景を知ることができる歴史など

3 レシピ研究:食べて美味しいと思ったお料理を再現、レシピを作る!

4 そのほか、フランスに関連すること:雑貨や街のこと、フランス料理をより理解できるように


実際に作る、食べ歩くといった「行動」と、文化史や歴史などの「学ぶ」こと、両方合わせながら
一歩ずつ、フランス料理に近づいていこうと思います。

このブログには私の「初挑戦」がいっぱい詰まっています。
研究したレシピを公開すること、実際に作ったお料理を公開すること。

やってみて、わかること、初めてすること、思っている以上に大変なこと(笑)
実際にやってみなくちゃわからない。

行動あるのみ^^です。

by penelope
[PR]
by lovely-recipe | 2009-12-17 18:31 | penelopeのこと