食材や調理の仕方、歴史についてなどなど、フランス料理を日々勉強しています★by penelope★


by lovely-recipe

ムール貝の下処理

ムール貝の下処理は、結構根気がいります。

a0153103_1742081.jpg



写真で見ると、よく分かるのが、一番右の貝。
何か、糸のようなものがにょろっとついています。

見た目は糸状の海草のようです。

これは足糸と呼ばれるもので、
ムール貝が海で流されないように、岩にくっつくために必要なもの。

貝の内側から束のようになって出ているものと、
表面に数本張り付いているものがあります。

これを取るのに・・けっこう時間がかかります。

貝から出ている足糸の束は、ぐっと引っ張ってちぎります。
かなり頑丈で、ブチッという音がしてちぎれます。

表面についている足糸は根っこが小さな吸盤のように張り付いているので、
たわしでごしごしこすって落とします。

足糸が取れても、この「吸盤」はなかかなとれず、何度もこすり洗い。

              処理前
a0153103_170515.jpg


              処理後
a0153103_174274.jpg


ムール貝ひとつにつき、2分ほどかかります。
[PR]
by lovely-recipe | 2009-12-29 12:23 | 食材あれこれ