食材や調理の仕方、歴史についてなどなど、フランス料理を日々勉強しています★by penelope★


by lovely-recipe

ムール貝のマリニエール

もうすぐお正月です、

食品売り場はいつもの雰囲気とはがらりと変わって、
蟹や鯛、伊勢えびやオマール海老など、年末や年明けのテーブルを
華やかに飾る食材であふれています。

いつもはあさりやしじみを置いてあるコーナーにも、
蟹の足やムール貝の姿も。

魚介類が大好きな私はムール貝をひとパック購入。
いつもお店でメニューにあると注文するムール貝。
いつか自分で作ってみたいなーと思っていたのです。

ムール貝は・・
いろいろ調べてみたところ、
フランスでは主にブルターニュで養殖されていて、
「マリニエール」(漁師風)というレシピがあるようです。

白ワインで蒸し煮にする、いわゆる「酒蒸し」なのですが、
仕上げにバターを加えるのが特徴。

にんにくやエシャロット、玉ねぎのみじん切りをムール貝と一緒に鍋に入れ、
貝が開いたら、バターを入れてできあがり。


ブルターニュのほか、ベルギーでも調理法でムール貝を食べているそうです。

                       ムール貝のマリニエール
a0153103_16343391.jpg


調理時間はとても短く、5分程度です。

ただ。

今回ムール貝を扱って分かったのですが、
ムール貝は下処理に時間がかかります。(詳しくはこちら→ムール貝の下処理

貝をごしごし洗わなければいけないという手間があります。
これが結構手ごわくて、思った以上に時間がかかりました。

塩抜きに数時間かかるあさりやしじみとまた違うひと手間でした。

この「ムール貝のマリニエール」。
器のそこにバターの色をした煮汁が出ていますが、
これがムール貝の出汁が出ていてとっても美味しいです。

貝ですくってムール貝と一緒に食べました。
バケットにつけても美味しそう。
[PR]
by lovely-recipe | 2009-12-28 20:24 | 試作・レシピ・作ったもの